再生医療が拓く未来

再生医療は、細胞や組織を用いた治療方法であり、今まで治療困難であった疾患に対して、新たなの道を開くものです。

人の体は、およそ60兆個の細胞からできており、それぞれの細胞には、筋肉や神経等の体の機能に応じて、役割が決まっています。ところが、決まった役割を持たずに、様々な細胞へと変化する可能性を持つ特殊な細胞があります。

それが「幹細胞」です。

「幹細胞」は、病気によって、本来の機能を果たせなくなった細胞や組織を修復や再生できる能力を持っています。この能力を最大限活用した治療方法が「幹細胞再生治療」です。

再生医療とは

高度に医療が発達した現代。しかし一方で、糖尿病、心臓病、脳卒中、高血圧、肥満、脂質異常症などの生活習慣病は増え続け、難病も数多く存在します。これらの病気は、完全に治すのが難しく、これまでは、薬で症状を抑えたり、和らげたりするだけの「対症治療」が中心でした。しかし、新たな治療方法が登場しました。それが「幹細胞再生治療」です。

詳細を見る

幹細胞とは

私たちのカラダは約60 兆個、200 種類以上もの細胞が集まってできていますが、これらの細胞もはじめはたった1つの「受精卵」なのです。この受精卵は、何度も細胞分裂を繰り返して数を増やしていきます。また、その途中で「分化」という、それぞれの細胞が自分の役割に見合う形や機能を身につけ筋肉なら筋肉の細胞、神経なら神経の細胞というように細胞ごとに役割を持ち、増殖・分化していきます。

詳細を見る

幹細胞とは

私たちのカラダは約60 兆個、200 種類以上もの細胞が集まってできていますが、これらの細胞もはじめはたった1つの「受精卵」なのです。この受精卵は、何度も細胞分裂を繰り返して数を増やしていきます。また、その途中で「分化」という、それぞれの細胞が自分の役割に見合う形や機能を身につけ筋肉なら筋肉の細胞、神経なら神経の細胞というように細胞ごとに役割を持ち、増殖・分化していきます。

詳細を見る

幹細胞再生治療

患者様ご本人より採取した脂肪細胞から「幹細胞」を抽出し、それを培養して、再び患者様ご本人に投与することで病状の改善を図ります。自己脂肪から抽出した「幹細胞」ですから、極めて信頼性・安全性の高い治療方法です。

詳細を見る

再生医療の普及・発展を通じて、
健やかに過ごせる社会の実現を目指します。

JAPANESE 日本語版

英語版 ENGLISH

再生医療の普及・発展を通じて、
健やかに過ごせる社会の実現を目指します。

JAPANESE 日本語版

英語版 ENGLISH

News

ガッツ石松さん 幹細胞再生治療

元WBC世界ライト級チャンピオン ガッツ石松さんが幹細胞再生治療を受診されました。 ガッツ石松さん70歳の誕生日でもある6月5日、マイセルクリニック東京にて糖尿病幹細胞再生治療の初回受診されました。 日ごろよりお酒も嗜むガッツ石松さんは、ここ数年、血糖値が高めに推移しており、そのためのお薬も服薬されているということでした。