幹細胞治療における糖尿病治療

幹細胞治療における糖尿病治療

現在、日本国内外において、幹細胞投与によって、糖尿病に対する様々な改善効果が出ていることが報告されています。
この治療を受けることで、これまでの治療で十分な効果が見いだされなかった方に対しても機能回復 が期待できます。

治療方法

糖尿病の患者様に対し、自己脂肪由来幹細胞を投与することにより、膵島β細胞の修復や機能回復、炎症の抑制によって症状を改善することを目的として、患者様自身の脂肪から採取し抽出した脂肪由来幹細胞を、必要な細胞数になるまで培養し増やして、静脈点滴により投与する治療法です。

対象疾患

糖尿病

対象者
対象とならない方
【病例】 糖尿病 (60 代/ 男性)
症例