間葉系幹細胞治療の働き

間葉系幹細胞の働き(細胞の代替と活性化)

組織が損傷すると、炎症が起こり、間葉系幹細胞(MSCs)がその部位に集まります。MSCsは多分化能を有するので、損傷細胞を代替する機能的細胞に分化します。また、MSCは炎症性サイトカインに反応して、炎症の進行を調節する免疫調節因子を産生することによって微小環境を調製するのにも役立ちます。MSCsはまた、内皮細胞、線維芽細胞、および最も重要な損傷部位の祖先細胞などの大量の成長因子を産生します。これらの因子および細胞の協調作用は、血管新生、細胞外基質のリモデリングおよび組織の祖先細胞の分化による組織修復を促進します。

間葉系幹細胞治療の働き