間葉系幹細胞の潜在効果

間葉系幹細胞の潜在効果

間葉系幹細胞(MSCs)の有益な作用は、主にパラクリン作用によって媒介されます。MSCsは、多くの神経栄養及び血管新生因子を分泌し、神経細胞の成長と分化を促進し、血管新生、神経新生、アストログリアの成長及び活性化を誘発します。それらはシナプス形成を促進するので、シナプス結合および軸索再髄鞘を増進し、アポトーシスを減少させ、マクロファージ侵入及びミクログリアやTリンパ球の活性を減少させます。

間葉系幹細胞の潜在効果