幹細胞とは?

「幹細胞」とは?

私たちのカラダは約60 兆個、200 種類以上もの細胞が集まってできていますが、これらの細胞もはじめはたった1つの「受精卵」なのです。この受精卵は、何度も細胞分裂を繰り返して数を増やしていきます。また、その途中で「分化」という、それぞれの細胞が自分の役割に見合う形や機能を身につけ筋肉なら筋肉の細胞、神経なら神経の細胞というように細胞ごとに役割を持ち、増殖・分化していきます。
皮膚や血液のように、ひとつひとつの細胞の寿命が短く、入れ替わる組織を保つために再び細胞を生み出して補充する能力を持つ細胞や、私たちがケガや病気をしたときに足りない細胞を修復し損なわれた機能を補充してくれる能力を持った細胞。これらの大事な能力を持つ細胞を「幹細胞」といいます。この「幹細胞」があるから、私たちは受精卵から成長し、大人になってからも身体の維持ができるのです。

幹細胞の2つの能力

分化能

皮膚、血液など、体をつくる様々な細胞に変化する能力です。

自己複製能

自分と全く同じ能力を持った細胞に分裂する、つまり幹細胞が幹細胞に分身する能力です。

幹細胞の種類